昨今の日本のパイプスモーキング界について

6月 8th, 2013

ここ最近、インターネットのブログ等を回って見ていると、何か以前よりもゆったりと気負いなくパイプを楽しんでいる方々が増えてきたようにも思えます。実によいことです。

僕がパイプを始めた頃(2005年ぐらいだっけ)は、なんというか過渡期というか混濁期というか、日本のパイプスモーキング界隈は結構ヤバい状況でした。古色蒼然というか千年一日というか、やれ<カーボンを早く付けるにはボウルに蜂蜜を塗ればいい>とか、<煙草は三段詰めにするのが故アルフレェエッド・ドゥンヒル卿の教えだ>とかのクソの役にも立たない古臭い風習がしつこく残っている一方で、とある業者がやれ乾いたブライヤーは美味いだの吹聴すれば誰もがこぞって手持ちのパイプを乾燥剤入りのタッパーにしまいこんだり、とある彫り物職人がパイプのラジエーター効果だのと言い出せばたちまち気味悪い文様が入った白木パイプがブログを賑わせたりと、とにかく古いオカルト・新しいオカルトが入り混じり、迷信・盲信がカオスとなって初心者を惑乱。結果僕らをして「パイプを楽しむ」というところから遠ざけに遠ざけていた状況だったのです。こんなんじゃゆったりと煙草を味わえるわけはねえよ。

かくなる状況はクソ・ダセェ、俺ぁこいつらとは係わり合いになりたくねえでござんす、と思った僕は情報源を海外のフォーラムやウェブサイトに求め、その結果ビンテージパイプなる趣味を見つけてそこに深く耽溺することになったわけですがそれはまた別の話。国内でも数少ない正気の方々がブログやツイッター、さらにはオフミーティングなどで地道に啓蒙活動を重ねた結果、今ではこれらのうちかなりの迷信やオカルトを克服できたように思えます。それが前述したゆったりとパイプを喫っている、趣味として確立したパイプスモーキングを楽しんでいる人たちが多く目に付くことに繋がったのかなあ、と。

僕に言わせれば、パイプスモーキングなんて大して難しいものじゃありません。そりゃ初心者の頃はジュースを沸かせたりパイプを焦がしたりで、勿論それでは煙草を味わうまでにはいかないでしょうが、そんな時期は向上心さえ忘れなければ数年で終わります。考えてみれば簡単なことですが、パイプなんて大して複雑でもない構造物で、適切に煙草を詰めて適切なスピードで吸ってやれば美味く吸えます。そこには摩訶不思議な深遠なる賢者たちの知恵も妖精たちの妙なる魔法もありません。ロマンチックではありませんが単なる物理法則の結果として、パイプは美味しく吸えます。ホントそれだけの話です。

思うに、これまでの日本のパイプ界は「いかにパイプを上手に吸うか」ということに拘泥するあまり、その先に広がる豊かな世界を見ずに来ていたのではないか。喫煙技術は重要ですが、パイプスモーキングに於いてパイプの扱いとはあくまで従の要素に過ぎないものであり、<味わうこと>の主役は煙草です。煙草を知ることこそ、真にパイプスモーキングを楽しむための入り口になると考えます。このブログでも、そこにスポットを当ててエントリを書いていくことになると思います。

パイプ煙草のテクニック

6月 8th, 2013

以前上げた動画です。

YouTube: パイプ喫煙:詰め方から着火まで
http://www.youtube.com/watch?v=CReoGCksKrI

YouTube: パイプ喫煙中の煙の量
http://www.youtube.com/watch?v=7H7KXZs_tJQ

僕は基本的にテクニックには拘泥しないほうで、パイプなんざ好きに吸えばいいじゃねえか、他人様をヘタクソだの上手いだの評して何になるんだ、と考えているタイプの人間なんですが、初心者の方があれこれ文字だけの情報を読んで苦労しているのを見て、動画で説明すれば文字よりはるかに理解が早いだろう、ということでアップした動画です。

iPhoneで片手撮りしているので大変見にくく、しかもマイクが近いために舌使い(まあエロいw)の音まで収録されてしまっていますがご容赦ください。

現在気に入っているパイプ煙草

6月 8th, 2013

僕が現在気に入っているパイプ煙草のリストです。

  • Mclelland Oriental No.1
  • Mclelland Oriental No.6
  • Mclelland Bulk 2020
  • Gawith Hoggarth Curly Cut Deluxe sliced (CCD)
  • Gawith Hoggarth Rum Twist unsliced

見ても分かるとおり、マクレーランドとガーウィズ・ホガースの煙草に集中していますね。マクレーランドはアメリカのクラフト煙草メーカー(趣味的で高品質なプロダクションを目指す小規模メーカー)の祖にして雄、そしてガーウィズ・ホガースは北イングランドの歴史ある煙草メーカー。この二メーカーがお気に入りなのはハッキリとした理由があります。そのことについては長くなるので各煙草のレビューを書きながらおいおい説明していきます。

defaulteyecatch

ブログ始めました

6月 8th, 2013

Ye Olde Briarsの中の人として、日々考えることやパイプ関連の情報はすべてツイッター(https://twitter.com/oldbriars)に投稿していましたが、TIPSや考察、タバコやパイプのレビュー、イベント情報など、固定した形で読めるメディアの必要が強くなってきました。ということでYe Olde Briars Blog、略してYOBlogを開設します。よろしくお願いします。