「インフォメーション」カテゴリの記事

defaulteyecatch

サドルステムの部位名称について

6月 8th, 2015

最近パイプメイキングをたしなむ友人・知人が増えてきました。そのことに関しては別に記事を立てるつもりですが、今日はそんな彼らとやりとりをしていて気づいた小ネタというか、提言というか。

それはサドルビット、サドルステムに関してです。このサドルという語、普通に訳すと馬の鞍、ということになるのでしょうが、馬のサドルにサドルステムとの形状の類似が見られないことから、おそらく自転車のサドル(シートというのが一般的らしい)のほうだと思います。このマウスピースから余計な部分をカットしたカタチを、自転車のサドルを上から見た姿になぞらえたものなのでしょう。

ところが、前述のパイプメイカーの方々と話しているうちに、このサドルステムの形状を云々するのに非常に不便を感じました。マウスピースはテーパードが普通で、部位の用語も(一応)揃っているのですが、サドルステムに関してはこの特異な形状の各部位を指す用語がないのです。英語圏の文献やネットでの会話も漁ってみましたが、サドルステム独自の部位名称というのは定まってないようです。

saddlebit

というわけで、図をごらんになっていただければ一目瞭然ですが、サドルステムを剣に見立てて、「ヒルト(柄)」「ブレード(刃)」「フランジ(鍔)」という語を使ってみてはどうかな、というお話です。よりスペシフィックには、「サドル・ヒルト」、「サドル・ブレード」、「サドル・フランジ」と言えば間違いが少ないのではないかと思います。…これは僕の独創というか、勝手にこう呼んだら便利じゃないの、という話ですので、どこかに典拠とか根拠とかがあるわけではありません。ただ必要とされるパイプメーカーとか、コレクターの間で便利に使っていただければ、ということに過ぎませんので悪しからず。

サドルステムにも、結構メーカーや作家での個性があるもので、たとえば一番分かりやすい例だと、Barlingにはたまに、Barlingクロスが打てないくらいに極端なショートヒルト(そう!こうやってスマートにあの部位を指示することができるのですよ!快感!!)のサドルビットがあります。ダンヒルは少なくとも1970年以前は、テーパーステムがメインのファクトリーで、サドルステムはモディファイヤ<6>のスタンプがついたテーパーステム・シェイプのバリエーションである、という位置づけでした。そのモディファイドなサドルステムはこれまたBarlingとは対照的に極端なロングヒルトで、独特の風格があります。作家さんと話していると、このサドル・ヒルトの切り方でずいぶんとシェイプの印象も変わってくるという話でした。このあたり、ここで提示された用語を使ってガンガン議論していけば、サドルステムの美の規範(ノルマ)などもできあがってくるのかもしれません。その一助までにこのエントリを書きました。

defaulteyecatch

パイプフェスタin府中 2014

1月 9th, 2014

今年も2月16日(日)に、東京都府中においてパイプフェスタが開催されます。

パイプフェスタin府中 特設ページ

僕もYe Olde Briarsのブースを出展します。出展内容は、今年は大量のパイプを持っていくのはちょっと億劫なので、Comoy’sのExtraordinaireシリーズを展示しようかと考えています。

それに加え、このblogではおなじみのイギリスのブティック・タバコブレンダー、GQ Tobaccosを紹介いたします。GQのブレンドを皆さんにお試し頂けるよう何種類か展示する予定です。

近隣にお住まいのパイプスモーカーの方々のご来場をお待ちしております。

 

※なお、パイプフェスタin府中は入場者の入場料はおろか、ブースを出す出展者(プロ含む)の出店料も無料の、まさにスモーカーによるスモーカーのための素晴らしいイベントです。会場では運営資金への寄付を募っていますので、懐に余裕のある方(特に何万円もするハンドメイド・パイプを年に何本も買うリッチな方々!)は是非ご協力ください。僕はパイプフェスタの運営には関わっておりませんが、一人の自由を愛するスモーカーとしてYe Olde Briarsの読者の方々にご協力をお願い致します。尚、運営者のお一人臥煙堂さんによれば『企業様による協賛金などは大歓迎』とのことです(笑)

defaulteyecatch

ブログ始めました

6月 8th, 2013

Ye Olde Briarsの中の人として、日々考えることやパイプ関連の情報はすべてツイッター(https://twitter.com/oldbriars)に投稿していましたが、TIPSや考察、タバコやパイプのレビュー、イベント情報など、固定した形で読めるメディアの必要が強くなってきました。ということでYe Olde Briars Blog、略してYOBlogを開設します。よろしくお願いします。